色葉工房の日記

仙台にある小さな手織り工房のおはなし。------------------日々のかけらを色々紡いでいきます。  

ケヤキで

お友達のTくんが結婚するという。
ハレの日に身につけるアスコットタイとストールを探しているのだけど、
なかなかいいのが見つからないという。
そこで、染めてもらえないかな?とのご相談を受けました。

奥さんは、結婚を機に関東から仙台に移住されるそう。
それならば、ようこそ仙台へ! みたいな気持ちを込めて
何か仙台らしい染料で染めましょうということになり
同じ染料から2色に染め分けてみました。
P1070920_convert_20120324045726.jpg
右は 白いドレスに合わせるという
とっても薄いシルク二枚重ねのふわふわしたストール
(ケヤキの皮を煮出した1・2回目の染液で 濃いめの染色 / アルミ媒染)

左は黒のタキシードに合わせるという
シルクのアスコットタイ
(ケヤキの皮を煮出した7回目の染液で なるべく赤みを抑えて 淡く淡く染色 / 鉄媒染)

2人の幸せを願いながらの染色。
春らしい色に。
なんだかとても やりがいを感じました。
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する