色葉工房の日記

仙台にある小さな手織り工房のおはなし。------------------日々のかけらを色々紡いでいきます。  

七夕を届けに

日々をつくる作品展 開催中のギャラリー内には、
”感謝七夕をつくろう”のコーナーが設けられています。
2011+07+05_3206_convert_20110721001521.jpg
短冊に感謝のメッセージを。
ギャラリーのお客様をはじめ、全国のたくさんの方々にご協力いただいたようです。

こちらは、4月にお友達から寄せられた折り紙や画材の一部。
このような形で使わせていただきました。
MAUダイビング部OBの皆さん、ありがとうね!
2011+07+05_3210_convert_20110721001331.jpg

在廊日には 私も七夕飾りを折り紙で織ってみました。
2011+07+05_3211_convert_20110721001359.jpg

そうしてみんなの気持ちから出来た、ギャラリーシンの感謝七夕を
震災直後から最前線で働いてくさっている方々へ
7月7日の七夕を前に、本日届けに行ってきました。

まずは多賀城市長さんの所です。
110704_2_convert_20110721001145.jpg

次は塩釜警察署
110704_3_convert_20110721001240.jpg

最後は自衛隊多賀城駐屯地
110704_4_convert_20110721001215.jpg

少しの時間でしたが、それぞれの場所で直接お話を聴くこともできました。

家族の安否も確認できないまま、ただただ自分の仕事を
全力でこなさなければならなかった市の職員の方も大勢居たことでしょう…。
多賀城市の文化センターや総合体育館などの施設は、4ヶ月が過ぎた今も
避難所として多くの方が避難されています。

少し前までは、多賀城駅前で自衛隊風呂が設置されていましたね。
ギャラリー店主の米澤さんご自身も、自衛隊の方に救出された一人。

道路では信号のつかない交差点に立ち、手信号で誘導してくださる
日焼けした警察官の方々の姿がいつも見られました。

震災直後から最前線で働いてくださっている皆さん。
私なんかには想像もつかない過酷な情景を目の当たりにしてきた方々。
ですが、今日お会いした皆さんは、そういう事を感じさせない程
穏やかに 口をそろえて「仕事ですから」とおっしゃいます。
本当に頭が下がります。

今日も お忙しい中、あたたかく迎えてくださいました。
ありがとうございました。

どうかどうか ほんのひとときでも 心休まる時間がありますように☆

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する